経営戦略

■ 経営戦略の考え方

経営戦略を単純化して表現すれば、それは企業がその経営を取り巻く経済環境や社会環境、競合環境等にタイムリー且つ適切に適応するための施策の体系として捉えることができます。そのための基本は、企業が環境の変化や競合企業との競争に打ち勝って生き残るための場所を決めることです。どの様な場所、どの様な ”商品-市場”で生き残るのかが重要になります。そしてそこでどの様な活動を行うか。を戦略的に決定することです。それは施策の体系として可視化されます。経営目標と環境、資源の整合性をとって、戦略を策定し、経営計画(事業計画)を立案しておくことが重要であると考えています。

 

 

■ 経営戦略診断

企業は、そのおかれている状況の中で経営目標を設定し、その目標を達成するための方法として戦略を諸施策の体系として展開されます。戦略の重要な要素は、事業領域、施策体系、資源配分ですが、それと同時に経営環境並びに経営資源との整合性を確保する必要があります。また、戦略遂行組織の貢献と誘因の整合性も重要となります。これらの各要素と環境、資源整合をトータルで診断します。

■ 経営戦略策定支援・経営 ( 事業 ) 計画立案支援

現在の事業領域、顧客、諸施策体系等の分析を行い、事業領域の拡縮、顧客の定義、顧客の層別愛顧度の水準、階層の上昇移動のための顧客満足化要因の抽出、中心的施策の確認、諸施策間のバランス等の把握を行います。その上で、事業領域を再構築すると同時に、具体的な戦略遂行における機能の整理と資源の配分、諸施策の体系構築を行い、制度化することで経営戦略の策定を支援します。同時に中期経営計画立案も支援いたします。
経営戦略策定支援に先立って戦略策定のイメージを持って頂くための戦略策定事例研究に関する研修を行います。

 

posted by Intelprise Consulting | 経営支援コンセプト