人材有効活用支援

■ 人材有効活用コーディネイト事業

□自社の正規社員比率を向上させ商品、サービス、仕事の質的向上を図る
□仕事の季節的な変動に合わせて人材を出向させることで有効に活用します
□人材の出向は知識や見聞を広めることで能力開発に有効に作用します

現代は、人材を自社の仕事の多寡に応じて非正規従業員を活用することで総額人件費を低減し、収益性を高めるという手法が広く活用されています。しかし、派遣等の非正規従業員の労働生産性は決して高くはありません。個別に生産性を把握すると業績にとってマイナスの影響が生じている業種や状況もあるのです。仕事の質も低下し、返って収益を逓減させる要因になる場合もあります。

そこで、非正規従業員を仕事の量に合わせて活用する企業において正規従業員化を促進します。正規従業員化は地域社会の経済的な発展に貢献すると共に、自社の商品やサービス、仕事の質を高める方向に作用し、競争優位を獲得することに役立ちます。更に、季節的な変動による余剰期に人材を出向により有効に活用することで収入を補填し、合わせて出向者の見聞や知識を広げるという効果も期待できます。

このような従業員の正規化の促進と人材の有効活用が企業の戦略的な展開に有効性を発揮すると考えられる経営者の皆様に会員となっていただき、相互に人材を有効活用するコーディネイト事業を展開しております。詳細は、お問合せください。

posted by Intelprise Consulting | 人材有効活用支援